はい。
お久しぶりです。色々とトラブルがあったり忙しかったりキモチがダウナーだったり何かにハマってたりして放置してましたがコレ以上は世間様に叩かれると思い、取り敢えず生存証明、無事生きてます。15日の検査でガンでないことも別ったし。しかし、レントゲン撮って何の検査のためか判らないけど採血されて、診療受けたら「新しい影がある」とか言われてCT撮られて、それで結局なんでもないとかそれで8900円はボッタクリだとオモタけどね。
まあそれでも3日前に作品に取り掛かり、現在15ページ目。プロットがあるから楽だろうと思ってましたが、随分前に書いたプロットなので、「このセリフ、なんのつもりで書いたんだろう?」なんてこともしばしば。文体も少し変えてみてます。
わりと小さな話になりそうですね。まぁいいけど。
それよりお金銭がない。5千円であとひと月生きないといけない。欲しいものがあるけど当面は無理。髪も切りたいな〜‥‥
汁気が足りない ガンじゃない
話変わりますが、たにもとの住むマンションの前にはマンションの管理下にある公園があります。ケヤキの木があるのですが、コレが剪定されてしまいます。葉のほとんどが切られ、太い枝だけにされてしまいます。たにもとはコレが許せない。緑があれば気分も良くなるし、空気も綺麗になります。ですが一番腹が立つのは、あの木は小鳥たちの集会場になっているんです。明け方、近所の小鳥たちが集まり、それから各グループが飛び立ちます。夕刻になると帰ってきた小鳥たちがまた集まり、相談してからねぐらに帰るんです。それなのに木から葉と枝を切ってしまうなんて、何考えてる理事会!許せねえ‥‥
てなカンジで色々なことがあったんですけどね。取り敢えず作品をなんとかしないと。
今回はココまで。生存証明でした。
それではまた、しーゆーあげいん!